何事も突然の発表だけど、カッコいい人です

NHKの7時のニュースを見ていたら突然目に入ってきたのは「安室奈美恵さん来年引退を発表」という文字でした。一瞬、何のことか分からず家事をする手を止めて見てみると「来年9月16日をもって歌手活動を引退する」という内容だったのです。ニュース内では安室奈美恵さんの曲が流れていていました。でも、詳しい理由が分からないままニュースは終わり家事を済ませ、子供たちをお風呂に入れて眠りにつきました。

そして、朝起きるとやはり安室さんの引退に関するニュースが流れていて本当なんだと実感しました。突然の事のようですが、安室さんにとっては前々から決めていた事であったそうで自分の信念を貫いたのだなと思いました。

安室さんは20年前にも突然の発表をして世間を賑わせました。それは、お子さんの妊娠と結婚。当時、人気絶頂でしかもでき婚だったので驚いたことを覚えています。その後お子さんを育てながらもずっと第一線で活躍されてきたことは素晴らしいことだと思います。

今回の引退発表も結婚発表もそうですが潔い生き方がカッコいい人だなと思いました。40歳という年齢で周りから見るとまだまだできると思うかもしれませんが、本人が一番わかっていることだと思うので彼女の生き方を尊重したいと思います。

苦手なことなのに聞いてくれました。

私の彼氏は休みがあまりありません。

それでも平日で早く帰れた日は、私に会いに来てくれます。

なので疲れているだろうと思い、休みの日の前日に彼氏の家に泊まりに行っても翌日彼氏が起きなくても起こさず、寝かせておいてあげています。

ですが彼氏が、最近会ってても俺が寝ていて全然遊びに連れて行ってあげられてないからと次の休みはデートしよう!と言ってきました。

遠慮しないで行きたいところを言ってと言われたので、彼氏が苦手なのを承知の上でお化け屋敷に行きたいと言うと、嫌な顔をせずに連れて行ってくれました。

お互いにビクビクしながらもお化け屋敷を堪能して、予定にはなかったのですが近いからという理由でスカイツリーに行きました。

展望台にも連れて行ってもらい、久しぶりに彼氏とのデートを楽しみました。

苦手なお化け屋敷には本当は行きたくなかったと思いますが、終始楽しそうにしてくれていて、すごく優しくリードしてくれて、リードすることも本当は苦手でいつも私任せの彼氏が頑張ってくれている姿を見て、彼と一緒にいられて良かったと思いました。

私ももっと彼氏を労わり、もう少し彼氏のワガママが聞けるような素敵な大人になりたいなと思った1日でした。

ニートな二人 アホ亭とアテクシ

今日も亭主は寝ている

今は昼の2時前

仕事を辞めてから 完全に夜昼逆転してしまってるアホ亭

今から寝るなら6時前に起きてきて

テレビを見ながらの晩飯 

相撲だったり(年寄りやね)

懐メロだったり(やっぱり年寄りだわ)

耳も遠くなってきたから やたらボリュームもでかくてうるさくてたまらないわよ

自分で買ってきたビール(本当は発泡酒にもなれない 第三のビール)を

でかいジョッキに氷をわざわざ入れて飲むんだわよ

アテクシは飯を作ったら 

自分の部屋(と言っても台所←絶対にキッチンではない、昭和の台所の隣)に引っ込み

ミスチル聴きながら 海外ドラマを見るといった手品みたいなことをやってるわよ

床に寝転びながらね

アホ亭、晩飯後は毎日、朝方まで続くパソコン作業をやってるわよ

なんの作業??

知ったこっちゃない

こないだ生まれたばかりの初孫 (アテクシ命名 ガッツ石松)の写真をプリントアウトしてみたり

娘への愚痴をつらつらと書いてみたり

持つの娘への愚痴とか、ちょっとでもそんなのを見てしまったら

こっちが滅入ってしまうんだけどね

実の娘にそこまで思うか?ってくらいのことを書いてあったのを見てしまった

どこかで感情を吐き出さないとやってけないのはわかるけど

何か陰湿なやつだわ アホ亭。。。

かようなアテクシはこうやってパソコンに向かって悪態ついてるから アホ亭とはおみきどっくり??

そんな毎日をつらつらと綴っていこうと思ってる

明日は自己紹介ね。。。。。

  

最近、子供が音に敏感で困っています

私の子供は、最近音にとても敏感です。家に帰ってきたら、必ずと言っていいほど、「これは何の音?」と言ってきます。私の家は二階に住んでいる人もいるし、隣に住んでいる人もいる集合住宅です。ですから、静かにしていると色々な音が聞こえるのですが、その都度私に聞いてくるので正直困っています。

もう一分一秒たりとも休める時間がない、という感じで聞いてくるんです。多分年齢からして大人の人にいろいろなことを聞きたい時期なのだと思うのですが、夜寝る前は必ず確認するので、少し疲れました。子供は音がとても怖いみたいです。

今までは全くそんなことがなかったのですが、最近はテレビをつけていないと嫌がるし、消すとまたつけてと言い出します。また、明るさも暗くしては嫌みたいで、私が消すとすぐに泣いてしまいます。また、家のパソコンがついていないと「パソコンついてないよ」と私に言ってくるし、テレビをつけていても音が小さかったら「音が小さいよ」と言って教えてくれます。

それだけ音や光に敏感なのだと思いますが、少し敏感すぎるのでどうなのかな、と思っています。でも、まだ小さいので、これからの成長をしていく上であまりにもそういう事が多かったら、専門の先生に聞こうと思っています。

マウスウオッシュが難しい

リステリンやモンダミンなど、色々なマウスウオッシュがドラッグストアに売っていますが、家にも一応モンダミンが置いてあります。ときどき使うのですが、使い方は容器の説明に従っていません。従っていない、というか、多くのマウスウオッシュは「使用後に新たに口をゆすぐ必要はありません」と書いてありますが、私はゆすがないと嫌なのです。

なので歯磨きをし、一度口をゆすぎ、その後マウスウオッシュでまたゆすぎ、その後にまた何度か口を水でゆすいでやっと終わり、なのです。どうもあのマウスウオッシュを口の中に残したまま終わることに抵抗があるみたいです。まるで歯磨きした後の歯磨き粉がそのまま口の中に残っているみたいで、ゆすぐはずのものがゆずがれていないような気持ちです。

 他にも似たような状況があるのですが、メイク落としです。私が今使っているジェル状のメイク落としは、「クレンジング後新たに洗顔の必要はありません」と書いてあります。

多分クレンジングだけでも顔は十分綺麗になるということなのでしょうけど、どうも習慣的にクレンジングの後は石鹸で洗顔することに慣れているので、例え不要と書いてあっても洗顔もします。

わりと頭が固いのかもしれませんね。今度試しにクレンジングの後の洗顔をスキップしてみます。そして後にはマウスウオッシュもゆすがないでいられるかチャレンジしてみたいとも思います。

最近のガスコンロの便利さに驚いた

今まで使っていたガスコンロが壊れてしまって新しく買わなければならなくなりました。

結構、長い間使っていたのでそろそろそ寿命ですね。今までありがとう。

で、電気屋さんへ行ってガスコンロ売り場へ行きました。たくさんの種類があり、パッと見たら何がどう違うのかよくわかりません。値段も1万円台から高いのは5万円近いなんてものもありました。

確かに、5万円近いものは見た目もかっこいいし、いろんな機能が付いているっぽいし、いかにも高そう。

システムキッチンのガラストップとかいうのと代り映えしないくらい素敵。

賃貸暮らしの我が家です。素敵なシステムキッチンに憧れます。

違いを教えてもらいたくて近くにいた店員さんを呼び、いろいろと説明をしてもらいました。

今まで左側が火力が強いものを使っていたので、どのガスコンロも左側が火力が強いものだとばかり思っていたら、右側が火力が強いパターンもあるとあると聞いて驚きました。壁の中に熱が伝わって危険なので、安全面を考えると壁側は火力が弱い方がいいとのことでした。

知らなかった。何も考えずに使ってました。

壁の位置は各家で違うという事を考慮してメーカーさんも一応作っているらしいです。

一番安いタイプはシンプル!捻って火がついて、火力の調節もレバーとかじゃない昔からあるタイプです。

私が今回購入したのは、揚げ物の時の温度センサーが付いているタイプ。これあると便利なんですよね。

他にも、煮物、お湯、炊飯、タイマー、などが付いていて、煮物を押すと勝手にタイマーで時間が表示されてセットすると時間になると消える。

お湯を押すと、沸騰したら火が消える。

炊飯もそうです。勝手に火が消えてくれるってとっても便利。

最近のガスコンロの進化に驚きました。便利になって助かります。

パン作りにハマってしまった結果…

最近はもう、パンが作りたくて作りたくて仕方ないです。

以前までホームベーカリーに全部任せて食パンだけを作っていたのですが、なんだか物足りなくて…。

もともとパンが大好きだったので、食べるだけじゃなく自分の手で作ってみたくなったのもありまして、少し前から手捏ねでパン作りにチャレンジしています。

しかし、パン作りってかなり時間に余裕がないと作れないですよね。体力もいりますし。

当時、正社員としてバリバリ働いていたので、パンを作りたくても時間がなく、また明日の仕事のために体力回復させとかないといけないしと思い、なかなか作ることができずにいました。

本当は毎日パンをたくさん作って練習したいのに…。

いろんなパンを作れるようになりたいのに…。

そう思いながら毎日毎日仕事してました。

その思いはどんどん大きくなっていき、今の仕事をしてるからこんなに作れないんだと思うようになりました。

と言うよりも、私は何かの職人になって誰かに喜ばれる事をしたいと、夢見ていたことを思い出しました。

それならもう、自分のやりたい道に素直に進もうと思い、この度退社いたしました。

ちょっとした興味から始まり、今まで趣味もなく平凡に暮らしてた私に大きく変化をもたらしてくれました。

はじめてやりたい事を見つけられて、これからが楽しみです。

育児の大変さを目の当たりにしている今日この頃

子育てって本当に大変で未知の世界だけど、その存在に癒やされることもたくさんあります。まさにイヤイヤ期、魔の2歳児を育児中で、毎日バタバタで、イライラすることもしょっちゅうだし、逃げ出したくなる事だって何度もありました。

着替えもイヤ、ご飯もイヤ、お風呂もトイレもイヤ、車もイヤ、自分で何でもやらないとイヤ、イヤイヤイヤ。そういう時期だってことは頭ではわかっていてもなかなか気持ちがついていけないのが現実です。こっちがイヤ!と言いたくなります。

それに加えてもう一人下にいるものだから、もう言葉では表現できないくらい頭がいっぱいです。子供に対して怒らない日はないのではと思うくらいです。でもそんな日々でも、子供たちが何かできるようになったり、笑ってくれたりするとそれまで怒ってた気持ちもいつの間にかどこかへ消えます。

子供のパワーってすごいです。「ママー!」と嬉しそうに駆け寄られるとそのたびに、やりすぎてしまったとか、もっと優しく接しなければと自分を反省させられます。

私も母親2年生。まだまだ未熟な親だけど、こんな母にも頼って寄り添ってくれる子供達はとても愛しいですね。産まれたときの感謝の気持ちを忘れずにこれからも育児頑張ります