単発の仕事に行った出来事について

私は体を動かす為、体を張ってお金を稼ぐ事がどんな心の心境になるかを知りたくて昨日単発(1日)の仕事に行って仕事をしました。久しぶりだったのもあり身動きのとり方が迷い迷い現場責任者に指示をもらおうと思いいざ聞きに行くと待機しといてと一言。

自分が動いて仕事をする事すら感覚を忘れてしまっていた私はえっこんな感じだったっけと疑問に思ったのが正直な話で待機しといてから2時間後に指示があると言う記憶上はそんな間あくような状況も忘れてしまってるのでビックリの一言でした。

ただ7時間だけ久々に仕事をしたのもありまして体の疲れは半端なくありキツイ思いでいっぱいいっぱいでした。日々頭で考えて収入を得てる私は昨日に限ってはみんな苦労してるなと思う気持ちしかないですししかも日給が安いと言う現実も知りビックリしました。

もう2度と行かないです。と言い切れるくらい時間の束縛や給与の安さにもビックリして前向きにはなれませんでした。私が昨日以降に体を使い働いたのが約9年前でやっぱり体は衰えてる事に気づきました。

そして自分が頭を使って仕事をする事があっているし時間の束縛は自分にあってない事を知らせてくれた良い経験にもなりました事は良かったと心から思います。この気持ちを忘れないように日々を過ごしていきたいと思います。