10月中間の権利落ち日でした

4月期末決算企業の期末配当や10月期末決算企業中間配当の権利落ち日でした。4月30日が昭和の日の振替休日であるので、株主優待や配当を手に入れるために必要な権利確定日が4月27日、権利付き最終日が先日の4月24日となるようです。

 東京、名古屋、札幌、福岡4市場で4月権利落ちの銘柄はREIT、ETF・ETNを含めて80銘柄ほどですが、権利落ち日の常ながら前場時点で概ね下落しています。権利落ち日を考えると優待や配当を狙いつつ、権利落ちの下落の影響をできるだけカバーするには、期末や中間が4、5カ月後の銘柄を狙う方がいいのかもしれません。

 4月決算企業には伊藤園、「ドールズオーダー」や「誰が為のアルケミスト」を制作、配信しているスマホゲーム会社のgumi、今年4月20日に上場したHEROZ、門前薬局首位のアインホールディングスなどがあります。10月決算企業にはベルグアースやミロク、パーク24などがあります。

 前引き時点の株式ランキングは下落率4位にベルグアース、下落率9位にミロク、下落率49位は伊藤園優先株が入っていました。3月決算企業や12月決算企業に比べて4月決算企業や10月決算企業の企業数は多くありませんので、本日下落している株式市場全体への影響は限定的かと思います。