ゴールデンウィークに初めての車中泊をやってみました!

私が勤めている会社は年3回の大型連休があり、ゴールデンウィークも9連休でした。周囲からはうらやましがられますがそんなに休みがあっても予定がありません。何故なら子供達が部活だから。

妻も部活の送迎当番だったり自身のパートもあったりで、私だけが暇を持て余しているわけなんです。

そこでこの機会に一度はやってみたかった車中泊を体験してきました。最近流行ってますよね。以前から気にはなっていたのですがキャンピングカーのようにマイカーには空調設備はありませんから、車中泊をするならゴールデンウィークが一番過ごしやすい気候だと思ったのです。

エンジンをかけておけば一定の温度は保てますが、一晩中エンジンかけっぱなしってどうなんでしょう。一酸化炭素中毒であったり排気ガス問題であったり…少なくとも私はやりたくありません。

肝心の宿となる車両はトヨタのアルファードです。フルフラットにすれば身長170㎝の私でも足が延ばせます。大人の男でも寝るだけなら十分な広さ。しかしシートの凹凸が気になります。

そこで自宅にあった大きめのベニヤ板に敷布団を敷く荒技にでました。傾斜にならないようにあらかじめシートの凸凹にはクッションや座布団で平行を出しておきます。

窓に吸盤で取り付けるシェードで目隠しをし、LEDランタンも準備OK!ここまでくると秘密基地のようでワクワクしますね。

5/2~5/4の2泊3日で北関東方面をぶらりと観光しながら、温泉付きの道の駅を車中泊地としてりようしました。温泉施設の食堂で夕食にもありつけたし休憩所にはテレビもあったりで、何不自由なく過ごせます。酔いも回ってきたところでアルファードに戻りました。

簡易的に作成したベッドはベニヤ板効果で腰が沈むことはありませんでした。おおむね満足です。失敗したと感じたのは街灯の明るさですね。あらかじめ街灯の明かりを考えて駐車場所を選ぶべきでした。

いつもより早めの就寝。しかし、なかなか寝付けません。やはり周囲の音が気になります。覗かれてはいないだろうけれど人目も気になります。初めての車中泊ですから幾分興奮もしていたのかも。そんなこんなでもぞもぞと何度か寝返りを打っているうちにいつの間にか眠りについていました。

2日目は前日の反省を活かして街灯の位置を確認。ついでに駐車場の傾斜も気を付けます。2日目に利用した道の駅は温泉が夜9時まででしたので、就寝時間まではアルファード内でスマホをいじりながら時間をつぶします。完全にベッド状態にしてしまいましたから、あぐらをかいて座るか助手席に座るかの2択でした。

暇を持て余していますから、ついついお酒が進みます。結果何度もトイレに行く羽目に…

そんな時に限って外は雨。街灯を避けてトイレから遠くに駐車したので傘が必要な距離でちょっとめんどくさかったです。

こうして私の初めての車中泊体験は終了しました。ただ車の中で寝るだけなのに非日常を味わえる半面、工夫すべき点などいくつもあったりで、車中泊はなかなか奥深いものだと実感しました。

想像もつかないほど偉大な存在

メジャーリーガーのイチロー選手が所属するシアトル・マリナーズの会長付特別補佐という地位に就任することが発表されました。今シーズン、選手としては試合に出場はしないけれど練習や遠征には同行し引退はしないという異例の待遇。ユニフォームは着用でき、ロッカールームも従来通り使えるけれど選手としては契約していないためベンチには入れないそうですが来シーズン以降はどういった展開になるとは分からないそうです。イチロー選手が「50歳まで現役」と言っていたのがもしかしたら現実のものとなるかもしれません。

44歳であるイチロー選手がマリナーズと再契約し数カ月ですが、こういった展開になるとは思ってもいませんでした。数週間前には「戦力外」という言葉も出ていたので生涯契約と言った形には驚きましたが、それほどイチロー選手がマリナーズにもたらした影響やこれまでの実績が規格外だったということでしょう。また、米国野球殿堂入りが確実と言われているイチロー選手をマリナーズとしては軽々しく扱うことはできなかったということではないでしょうか。メジャーリーグで成功しメジャーリーガーとして生涯を過ごすイチロー選手は本当に世界に誇れる日本人だなと改めて感じました。

10月中間の権利落ち日でした

4月期末決算企業の期末配当や10月期末決算企業中間配当の権利落ち日でした。4月30日が昭和の日の振替休日であるので、株主優待や配当を手に入れるために必要な権利確定日が4月27日、権利付き最終日が先日の4月24日となるようです。

 東京、名古屋、札幌、福岡4市場で4月権利落ちの銘柄はREIT、ETF・ETNを含めて80銘柄ほどですが、権利落ち日の常ながら前場時点で概ね下落しています。権利落ち日を考えると優待や配当を狙いつつ、権利落ちの下落の影響をできるだけカバーするには、期末や中間が4、5カ月後の銘柄を狙う方がいいのかもしれません。

 4月決算企業には伊藤園、「ドールズオーダー」や「誰が為のアルケミスト」を制作、配信しているスマホゲーム会社のgumi、今年4月20日に上場したHEROZ、門前薬局首位のアインホールディングスなどがあります。10月決算企業にはベルグアースやミロク、パーク24などがあります。

 前引き時点の株式ランキングは下落率4位にベルグアース、下落率9位にミロク、下落率49位は伊藤園優先株が入っていました。3月決算企業や12月決算企業に比べて4月決算企業や10月決算企業の企業数は多くありませんので、本日下落している株式市場全体への影響は限定的かと思います。

合コンとお見合いパーティーに参加してみたい

先週友人と久々にランチに行ったとき久々に恋愛系の話題で盛り上がりました。

いつも私たちは趣味のゲームやSNSの話を中心におしゃべりすることが多かったのですが、突然恋愛にあまり興味をもたない友人から「合コンとお見合いパーティーってどう違うの」という疑問から話が始まったのです。

私は今までいろんな男性とお付き合いをしたことがありますが、合コンやお見合いパーティーで彼氏を見つけたことがないし、そもそもお誘いも自ら参加もしたことがなかったので友人の疑問にすぐには答えれませんでした。バラエティー番組でお笑いコンビのナインティナインのお見合い大作戦という一般人の婚活を応援するという番組を私と友人がたまたま大ファンだったこともあって、お互いお見合いパーティーはテレビで放送されてる通りのものなんだろうと理解していました。

しかし合コンに関してはお互い想像でしか思い浮かびませんでした。友人は「彼氏彼女がほしい人たちが集まった食事会」と話していました。私は「どういう風に合コンを勧めていくかの計画を業者に頼らずに全て自分たちで自由に決めれる結婚を前提としないお見合いごっこ」と話しました。

なんやかんやで小一時間話し合ったものの結局参加したことがないから具体的にはわからないね、という結論に至りました。解決はしなかったものの久々に友人と恋愛系のお話ができたことが私はとても楽しかったです。いつか友人と婚活はまだ早いのでまずは合コンで機会があれば参加してみようと約束をしました。