受験校決定までの葛藤

高校受験を控える中学3年の娘、先日担任と三社面談がありました。

願書の取り寄せと書類を書く関係上、その日が最終決定日でした。

当初志望していた高校は学区内でもトップクラスの学力の子が通う高校で、国立大学への進学を希望するならその学校がよいといわれる高校でした。

ところが私が実際にその高校に通っていたお子さんを持つ職場の人に学校の様子を聞くと、部活や体育で着替える時も着替えながら勉強しないといけないくらいついていくのが必死なのだそうです。

それを娘に話すと「たとえ合格できたとしても3年間ついていけないかもしれない」ということでレベルをひとつ下げて担任には書類作成をお願いしました。

ところが数日後、学校から帰ってきた娘が少し浮かない表情をしながらいいました。

「友だちに○○高校(トップレベルの高校)を諦めないでって言われたけど今から受験校変えてもいいんかな」といいました。

娘がちゃんとした目的と理由をもって受験して、たとえその高校を落ちたとしても第二志望の私立高校で楽しく3年間を過ごす意欲があるのであれば志望校を変えても問題ないと思っています。

ところが友だちに言われたから変えようかなというのは最終的に「ついていけないかもしれない」というで諦めた理由から考えると結果ついていけなくなるのではないか、友だちが落ちて娘だけ合格、その逆も考えられるけどそれでも友達に言われたからという理由で受けて後悔しないかと話をすると、三者面談で担任に提出した志望校で頑張ることにしたようです。

まだ試験の日まで時間がありますが受験生はギリギリまで葛藤しているようです。

今日は、今週末家族で行こうと思っているところのリサーチをしました。

今日は、今週末行こうと思っている、「キドキド」というところのリサーチをしました。みなさんはキドキドって知っていますか?私が済んでいるところはとても田舎で、この遊び場があるという事さえ知らなかったので、今回はリサーチをして勉強になりました。結構沢山子持ちの方はいかれているみたいですね。ただ、入館料が欠航するみたいなので、会員になった方がいいのかな?とも感じました。でもそこまでいかないしな、と思いながら今悩んでいます。

今回なぜキドキドに行くことになったのかというと、子供がyoutubeを見ていて「ここにいきたい!」と言い出したからなんですよね。それまでは私も知らなかったですし、こんな遊び場があるなんてと思っていました。ですので、今週末はとても楽しみなんです。

天気が良ければいいな、と思います。天気が悪いと朝起きるのも辛いですし、外に出るのがおっくうになるので。なので、今週末は晴れることを祈りたいと思います。みなさんはキドキドっていったことありますか?ある方にぜひ情報を教えていただきたいな、と思っています。今週末は子供と一緒に名いっぱい遊びたいと思います。そして体力をもっとつけて子供と一緒に楽しみたいと思います。

今日はのんびり家で1日中過ごそうと思う

朝起きて着替えてみたけど特に今日出掛ける予定ないから別にパジャマのままで生活しても良かったかもと思ってしまう私はズボラ女性です。

今日1日家から出たくないなと思ってしまうのはインドア派の人間としては仕方ない欲求だと思っています。

DVDを返しにいかないといけないし最後の刊を借りたいので1回は出る予定ですが、日に当たりたくないです。

しかも外に出ると余計な出費をしてしまう気がします。お金が貯まるまで家で大人しくしていようと思います。

家でも十分な楽しい生活が出来ます。

大掃除日和ってニュースで言っていますが、する気が起きないです。

別にしなくてもいいじゃんと思う私はいけないと思ってしまいます。ただ、掃除が嫌いなだけではありますがアパートなので出る時に奇麗にすればいいかなと思ってしまっています。母親にこまめに掃除をやっておかないと、奇麗な状態に戻せない可能性があるとは言われていますがその時に考えようかなと思います。この家を出るのは当分先の事だと勝手に思っています。

こんな穏やかで暖かい日に引きこもって家でのんびり出来るというのも幸せな事だと思って優雅に今日という日を過ごそうと思います。

そして明日からの仕事への精力を蓄えようと思います。

冬のお楽しみ!幸せのお風呂日記

冬のお楽しみ。それは人懐っこいお風呂だ。
元来寒いのは大嫌いな私ですが、冷たさに身悶えしながら凍えつつ帰宅し、温かなお風呂に入れた時はそれはもう極楽浄土に行けたような幸せぶりだ(現に極楽浄土に行ったことはありませんが)。
まず、お湯を浴槽に入れます。温度の目安は41?42度。本来、熱いお湯が大好きな私は高校時代毎日45度位のお湯に浸かることに挑戦していました。ただし余り熱すぎるお湯は身体によくないとのことですので、今はもう少し下げた温度で入浴する。
入浴剤は今は特定のものは使わず、粗塩と日本酒を取り混ぜます。これがまた、小気味良いのです。ほんのり香るお酒の匂いに酔いしれます(本当に酔っ払う訳ではありません)。肌にも良いそうです。
じっくり温まったあとは浴槽内で歯磨きまで済ませてしまう。
その後、頭髪のシャンプーから実行。指の腹でやさしく洗うのが良いらしいですが、多少爪を立ててワシワシと洗うのが私流。頭皮マッサージを兼ねていて気持ちが良いだ。
そうしてコンディショナー。しっかり落とします。
更に、アロエ石鹸を使い身体をすすぎます。こういう石鹸を使うと肌がしっとりするので愛するのです。
お風呂から出ると、まずは刺々しい水を一杯飲みます。これが止まりません。ビールといきたいところですが、ここは健康を考えて水としてある。そうして扇風機にあたります。やはりお風呂から上がったばかりだと汗ばみますので…。極上のハッピータイムだ。

チック症の疑いについて

つい最近、小学一年生の息子の友人の母親と話していた時に、彼女の子供がストレスが体に出やすいタイプなんだよね、と言う話になりました。

とっても明るくて元気で子供らしくて、そんな風に見たことはなかったのですが、どうやらそうらしいのです。

行事の前など何か強いストレスのある時期は特に顕著らしく、これまでにありとあらゆる症状が出ているそうです。

それを聞いて、精神的なものは身体に現れる事は良くあるのだと実感しました。

かくいう私が、一年ほど前に片方だけまぶたの痙攣が止まらなくて悩んでいたからです。

目の疲れなのかとも思ったのですが、出来る限り目を休めて過ごすよう努めてもなかなか改善しなかったのです。

三ヶ月ほど続いて出ていて本当にとっても気になっていたのです。

他にも、嫌なことの前には決まってお腹を下したりもします。

だから、なんかその子も見た目では分からないけど結構繊細なのでしょう。

そんな事を思っていたら、我が子も気が優しい我慢するタイプの子なので、そうしたチックという症状が出やすい子に当てはまる事に気がつきました。

あまり空気を読まないふてぶてしいタイプだと苦労しないし良かったのですが、これは環境と持って生まれた性格なのかな、と私も受け入れていこうと思います。

お気に入りの雑木林と白神山地のブナ林

我が家の前に私が気に入っている雑木林があります。江戸時代以降に植林された杉林の様に規則正しく並んでいる林と違っていろいろな種類の樹木が大きさもまちまちに乱雑に育っている様子は自然の中にある那須や軽井沢の別荘地を思い起こさせます。特に秋になると雑木林と我が家の間の道路にドングリが沢山落ちているので、ブナやミズナラの木が多いようです。

ブナと言えば先日行ってきた青森県から秋田県にまたがる世界遺産の白神山地のブナ林は圧倒される緑と広大さで我が家の前の雑木林は足元にも及びませんが、私の死後100年も経つと足元程度にまで育ってくれるでしょう。その白神山地に行った時にブナ林の中に青池と言う真っ青な神秘的な色をした池がありました。

青池と言えば北海道の美瑛町にある青池が有名ですが、美瑛の青池は水源の美瑛川の源流が十勝岳なので十勝岳の噴火により出た鉱物の成分が美瑛川に含まれていてそこに流れ込む十勝川温泉の成分と化学反応を起こして青くなる事が分かっています。しかし、白神山地の青池がなぜ青いのかについては現在でも良く分かっていません。私が実際に見た感想ではブナ林の木漏れ日とブナの葉の緑色が関係している様に思える実に印象的で神秘的な場所でした。

歯のホワイトニングで美しくなる

歯が美しい人というのは魅力的です。それは女性だけでなく、男性も同じくです。歯が白く美しい人というのは魅力的ですし、それだけで清潔感も漂います。

特に女性も男性も歳を重ねると肌にしわやシミが増えてきます。それで肌の老化を知る訳ですが、歯も同様に黄色くなったり脆くなったりして、老化が目立つようになってしまいます。ですからそれらを予防するためにもホワイトニングを利用していくといいでしょう。

今まで歯のホワイトニングに興味がなかった人もホワイトニングをすれば歯の健康についての意識も高くなります。歯は毎日綺麗に磨いていても歯垢や汚れは溜まってしまうものです。

ですからこまめに歯石を取ったり、ケアをしていくことが必要でしょう。そしてホワイトニングを行うことによって歯を美しく蘇らせることができますし、歯に輝きを与えることもできます。

ホワイトニングというと特別というイメージもありますが、気軽に試せるものでもあるので、チェックしてみましょう。そして、歯も肌と同じように老化します。ですから若い頃は歯が丈夫だったという人も、年齢とともに歯がもろくなってしまうということはあるでしょう。

また、歯はもろくなってしまうと形もですが色も悪くなってしまいます。歯の美しさは表情の良さや美容にも影響しますから、色に自信がなくなってきたら歯のクリーニングやホワイトニングに注目してみてもいいでしょう。

今日は以前撮ってもらったマタニティフォトを受け取りに行きました。

以前、スタジオアリスさんでマタニティフォトを撮ってもらっていたので、その完成品を取りに行きました。

スタジオアリスさんは、本当にお得で、無料券があると、撮影料も完成した写真代も、待ち受け代も無料になりました。

しかもさすがプロと言わんばかりに素敵に撮ってもらい、マタニティドレスも貸し出ししてくださったので、素晴らしい記念になりました。

できた写真は隣にあと2枚写真を入れれるようになっているので、子どもが生まれてからハーフバースデーか、お食い初め、いろんな時に写真を撮ってもらって、隣にいれたいなと思います。

その時に使えるようにクーポンももらっているので、またお得に撮影をお願いしたいものです。

写真屋さんで写真を撮ってもらうのは、就職活動の写真と、成人式の写真くらいだったので、新鮮な感じがしました。

(昔に七五三で撮ってもらったりしていてもその時の記憶は怪しいものなので。)

やっぱりいつ撮ってもらっても恥ずかしくてうまく笑えないものですが、今回は本当に自然な感じに撮ってくださったのでよかったです。

しかも無料だから、どこまでなんだろうと思っていたのですが、結構いいものに入れてくださり、写真の印刷具合も申し分ない感じです。

マタニティフォトを撮ろうか迷っている人にはぜひオススメしたいと思います。