虐待を受けた子どもの成長と未来

最近、児童虐待やそれによって亡くなった子どものニュースを聞く機会が増えたように思います。その後、子どもたちはどうなるのだろうか心配でたまりません。

その虐待を受けた子どもが、他の大人に「甘えること」はその子どもが成長する中で必要不可欠なものであると思うのです。そしていっぱい甘えることが出来た子どもほど、しっかりと自立できる気がします。それは、子どもが大人に甘えることで愛情を知り、自分が好きになり、自分に自信をもつことができ、人を愛する事ができるからなのです。

私も過去、甘える事を知らず、自分に自信がないまま大人になりました。人を愛する事を知りませんでした。そして自分の事が大嫌いになりました。

でも決して手遅れということはないのです。しっかりと自分の気持ちを受けとめてくれる人、理解してくる人、つまり肉親の親ではなくでも「親代わりになってくれる人」に、ありのままの自分の気持ちをさらけ出し、甘え、受け止めてもらう事で、自分に注がれている「愛情」を確認していくことができるのです。

私は、自分の気持ちを受けとめてくれる人、理解してくる人、つまり「親代わりになってくれる人」に出会い、愛情を知り、自分を好きになり、他人を愛する事を知りました。

そして、友達や、好きな人と、お付き合いできるようになりました。

虐待を受けた子どもが、他の大人に「甘えること」て子どもが成長する中で必要不可欠なものであると思っています。

デパートで生鮮食品を買ったら、その包装の丁寧さにびっくり!

この前、百貨店の地下の食材売り場で買い物をしました。

普段はほとんど近所のスーパーで買い物をします。

しかし、さっかく街なかに来たついでに、デパートの生鮮食品売り場には、どんなものが売っているのかなと

リサーチしに行ってみました。

びっくりするような高い金額設定ではなく、モノによっては近所のスーパーよりも安いくらいでした。

思わず、普段近所ではなかなかお目にかかれない魚なんかを、いくつか買って帰りました。

我が家は、主人も子供たちも魚が大好きなので、今度からお買い物にくる時は、ここに寄ってみようと思います。

値段もそんなに高くないのに、種類はとても豊富だったのは意外でした。

一番驚いたのは、レジでの包装ですね。ビニール袋に入れてくれて、レジ袋をくれた・・・まではわかるんですが、

さらに、デパートの紙袋をいただきました。

つまり、魚をビニールに入れて、レジ袋に入れて、それをさらに紙袋に入れて帰るということですね。

しかも保冷材はレジ横のストッカーに大量に入れてあり、好きなだけどうぞと。

何という丁寧さ、過包装・・・。でも確かによく考えたら電車に乗って帰宅するのを考えると、レジ袋のままは恥ずかしいかもしれませんね。

やり過ぎ感はある気もしますが、さすが街中の大きなデパートは違うなと納得しました。

私のように街中で食材を買うことに慣れていない人にはびっくり包装ですね。

キレイに出来なかったパンの発酵

今日はどんなパンを焼こうかな、と思ってレシピ本をめくっていたらカイザーゼンメルのレシピが出てきました。

専用のスタンプのようなものがあり、それをスタンプして特有の模様を出すというパン。

実はそのスタンプも購入してあったのですが、今まで1度も作ったことがありませんでした。

そこでカイザーゼンメルに挑戦をしてみました。

強めにスタンプをしないとキレイな模様がつかないということだったので、やや強めにスタンプをしたのですが、焼きあがってきてガッカリしました。

見事に模様が消えているのです。

発酵の時にはいい感じだったのに、焼きあがったら残念な結果に。

パンってまだまだ奥が深いんだなと思いました。

1度失敗をしたら今度は絶対にキレイに作る、という気持ちになります。

今まで作ったことがないパンでしたが、失敗をしてしまったことによりまた作らなきゃという気持ちにもなれました。

味は良かったのですが、手作りともなるとやはり見栄えも大事だと思います。

キレイに出来るということによって満足できるものになると思います。

焼きあがった時にガッカリするのか喜びになるのか、その都度違ってくるのもある意味面白いのかもしれません。

でもやっぱり安定の成功を手に入れたいです。

卒業する勇気も大事。

最近「卒業」という言葉がいろんな場面で使われる便利な言葉になりました。学校だけでなく、職場の退職も「卒業」アイドルグループの脱退も「卒業」恋人と別れることも「卒業」と言う人も出てきました。

最後のやつは、彼氏と別れることが卒業??なんだそりゃ?と思っていましたが、気持ちが少しわかる気がしてきました。

険悪な関係だけど別れる勇気はなくて、なんとなく引きずっちゃうことってありますよね。

もしくは別れた後だけど忘れられないとか。

私、この度、過去の人からもらったものを捨てる決意をしました。

もらったのはおよそ5年くらい前なんですけど、実用的なものなので、いつの間にか好きな人からもらったという意識から私物という意識に変わるんですよね。

もらったものはポーチなんですが、もらった当初はあまりに嬉しくて枕元に置いて一緒に寝てました…^^;

1か月近くそれを続け、「自分やばいわ」と思えるくらい冷静になってから一緒に寝ることはやめました。

次第に、恋人からもらったものという意識が薄くなり、自分のものという意識が強くなりました。

あまりおすすめはできないのでしょうが、定期的に洗濯をしていました。

まあ、恋人からもらったから大事に使いたいという思いもあったし、自分のものだからケチケチ使いたいという思いもありました。

どこも破れていないし、ジッパーが壊れたなんてこともないので、使えちゃうんです。

私は良く言えば「物持ちが良い」けど「かなりのケチ」なので、私の持ち物は大体貧相です。

まあそれは置いといて。

数日前、もうその人とはまったくご縁がなくなった今になって、夢に相手がふと現れたんです。

昔は彼がキングオブツンツンで、私が素直?にならないと関係が成立しなかったのですが、夢の中では真逆になっていました。

私がちょっと動揺してツンツンしていたのですが、彼が、一緒にいた頃の不満を吐き出したんです。

「メール何通も送られると、見逃しちゃうんだよ」

当時、SMSを使っていたので、字数制限がある中で、どうしても1通におさまらないことがありました。

え~、でも私は一度に多くても3通くらいに抑えていたんだけどなぁ。

でも、今更どうしてこんな夢を見るのかちょっと不思議でした。

ごめんねーなんて謝りながら、私のツンツンはとどまることを知らず、こんなことを口にしていました。

「今つきあってる彼氏と結婚するかもしれない」

今、つきあってる恋人なんていませんが…^^;

当時はツンツンの極みだった彼が、素直に「ええっ?」と動揺していました。

その後も何か言っていたのですが覚えておらず、そのまま目が覚めました。

そしてポーチを見て、ふと思ったんです。「ああ、このポーチも卒業しないとな」

まだ使えるから持っていよう、という気持ちがなくなっています。早く新しいの見つけないと。

これまでも何度か新しいの欲しい!と思って探していたこともあったのですが、今の心境は「欲しい」ではなく「必要」という感じです。

うーーーん、もしかしたら、その彼は結婚するのかもしれません。キングオブツンツンが幸せになれる場所ができたなら、私も嬉しい。

私は結婚はほど遠いけど、まず結婚や彼氏よりも、ポーチを早く手に入れたいです。ハイ。

やめられない、セラミックヒーター。

我が家の脱衣所には、人数分のバスタオルを干しておくスペースがないため、

仕方なく、私は息子と兼用でバスタオルを使っています。

息子が先にお風呂に入るため、私はいつもしっとり濡れたバスタオルで体を拭くことになりますが、

これが、言いようもなく気持ちが悪い。

拭いても拭いても水気が取れた気がしないし、おまけに夏場はちょっと臭ったりもします。

冬場とても寒い地域なので、脱衣所で凍え死なないように、小さいセラミックヒーターを置いてあります。

ある日、私は思いました。

もしかしてこのヒーター、何もない方へ向けずに、バスタオル掛けに向かってスイッチを入れたら、

お風呂から上がる頃にはバスタオルが乾くんじゃないだろうか。

お風呂に入っている時間が30分あるとすれば、温風でバスタオルが乾く可能性は高い気がしました。

試しに、しっとりバスタオルに向けてスイッチオンしてから、お風呂に入ってみることに。

すると、どうでしょう!

お風呂上りにバスタオルで顔をぎゅっとした時、私の求めていたカラッと感が!

感動しました。しばらくの間カラッと感に飢えていた私は、思わずバスタオルにすりすりしました。

そんなわけで、夏でもセラミックヒーターを片付けられなくなったのでした。

カラッとバスタオルの快感、やめられそうにありません。

今年は特に多いと感じる有名人の訃報

先日、日本の新御三家の一人、西城秀樹さんがお亡くなりになりました。昭和の高度経済成長に貢献し、国民のアイドルとして博しました。また、同じ時期に女優の星由里子さんの訃報も報道されました。さらに先月の27日に、津川雅彦さんの奥様であり、女優の朝丘雪路さんの訃報も届きました。

このところ、昭和の名歌手や名俳優などがこの世を去られるという記事を目にするたびに、在りし日のご活躍などを思い出すと切ない気になります。ご病気などでテレビの最前線から姿が見えなくなった場合には、忘れていることもあるように思いますが、カミングアウトせずに必死に隠して活動されている方々も大勢いらっしゃいます。

有賀さつきさんなどは、近親者にまでも隠しておられたようで、突然の訃報に戸惑っておられるご様子でした。どちらが良いかというのはその人次第でしょうが、残される人を思いやる気持ちとご本人のエンディングに対するスタイルを尊重すべきであるような気がします。

それにしても今年は本当に大勢の方が去られています。多くは、昭和の一時代を飾った方々が、散っていく桜のごとくに精一杯生きた人生を偲ぶとともに、同じ時代を生きられたことに感謝したいと思います。

1週間の転職活動の結果

転職活動を始めて1週間。内定がでた・・・。うれしいが不安もある。

まず、第一志望の企業には落ちてしまったことが痛い。

なんの対策もなく近所の税理士事務所を受けたのだが、見事に落ちてしまった。

もちろん、受かる気だったので他は受けていなかったのだ。

そこから本気を出して複数の企業に応募して対策も立てようとしていた矢先の出来事だった。

第二希望の企業だったのでうれしいに越したことはないのだが・・・。とんとん拍子にいきすぎて怖い。本来、会社訪問だけだったのだ。それがタイミングよく重役の方々が会社にいて面接もどうですか?が始まりだった。いきなりのことで戸惑ったし、対策もしていなかったので正直、別日がよかった(笑)が、そんなこと言えるわけもなく・・・。面接へと進み内定を頂けた。

え?と混乱が先に立ちうれしさは何処へ。面接の途中で「じゃあ、再来月から来てください。」この言葉はいきなりの面接でただでさえ戸惑っていた私を混乱させる。

そんな軽い感じでいいのか!?と突っ込みを入れたくなる。いや、今から内定を取り消されても困るが(汗)

終始混乱していた私の転職活動だが、傍から見れば転職成功者なのだろう。私を採用してくださった企業に感謝の意を表したい。

ゴールデンウィークに初めての車中泊をやってみました!

私が勤めている会社は年3回の大型連休があり、ゴールデンウィークも9連休でした。周囲からはうらやましがられますがそんなに休みがあっても予定がありません。何故なら子供達が部活だから。

妻も部活の送迎当番だったり自身のパートもあったりで、私だけが暇を持て余しているわけなんです。

そこでこの機会に一度はやってみたかった車中泊を体験してきました。最近流行ってますよね。以前から気にはなっていたのですがキャンピングカーのようにマイカーには空調設備はありませんから、車中泊をするならゴールデンウィークが一番過ごしやすい気候だと思ったのです。

エンジンをかけておけば一定の温度は保てますが、一晩中エンジンかけっぱなしってどうなんでしょう。一酸化炭素中毒であったり排気ガス問題であったり…少なくとも私はやりたくありません。

肝心の宿となる車両はトヨタのアルファードです。フルフラットにすれば身長170㎝の私でも足が延ばせます。大人の男でも寝るだけなら十分な広さ。しかしシートの凹凸が気になります。

そこで自宅にあった大きめのベニヤ板に敷布団を敷く荒技にでました。傾斜にならないようにあらかじめシートの凸凹にはクッションや座布団で平行を出しておきます。

窓に吸盤で取り付けるシェードで目隠しをし、LEDランタンも準備OK!ここまでくると秘密基地のようでワクワクしますね。

5/2~5/4の2泊3日で北関東方面をぶらりと観光しながら、温泉付きの道の駅を車中泊地としてりようしました。温泉施設の食堂で夕食にもありつけたし休憩所にはテレビもあったりで、何不自由なく過ごせます。酔いも回ってきたところでアルファードに戻りました。

簡易的に作成したベッドはベニヤ板効果で腰が沈むことはありませんでした。おおむね満足です。失敗したと感じたのは街灯の明るさですね。あらかじめ街灯の明かりを考えて駐車場所を選ぶべきでした。

いつもより早めの就寝。しかし、なかなか寝付けません。やはり周囲の音が気になります。覗かれてはいないだろうけれど人目も気になります。初めての車中泊ですから幾分興奮もしていたのかも。そんなこんなでもぞもぞと何度か寝返りを打っているうちにいつの間にか眠りについていました。

2日目は前日の反省を活かして街灯の位置を確認。ついでに駐車場の傾斜も気を付けます。2日目に利用した道の駅は温泉が夜9時まででしたので、就寝時間まではアルファード内でスマホをいじりながら時間をつぶします。完全にベッド状態にしてしまいましたから、あぐらをかいて座るか助手席に座るかの2択でした。

暇を持て余していますから、ついついお酒が進みます。結果何度もトイレに行く羽目に…

そんな時に限って外は雨。街灯を避けてトイレから遠くに駐車したので傘が必要な距離でちょっとめんどくさかったです。

こうして私の初めての車中泊体験は終了しました。ただ車の中で寝るだけなのに非日常を味わえる半面、工夫すべき点などいくつもあったりで、車中泊はなかなか奥深いものだと実感しました。