父親の背中を見ながらウォーキングを始めました

ダイエットを兼ねて、ウォーキングを始めました。早起きをして、ずっとウォーキングをしている父親と一緒に歩いています。まだ少し冷たい空気に当たりながら、自宅から少し離れた神社までの道のりを歩きます。少しずつ咲き始めてきた桜を見たり、植木職人の父親からあの木はなになにだと教えてもらったり、たわいもない話をしたり。

少し早めに歩く父親の背中を見ながら歩いています。神社でお参りをして帰宅します。往復で30分ちょっとでしょうか。まだ始めたばかりなので、30分の道のりでも家に帰ってくると足はガクガクです。ゆっくりとストレッチでクールダウンして、母親の準備してくれた朝食を食べる。実家暮らしでよかったと思う瞬間です。

元々、父親とは仲が良かったので一緒に歩くことも苦ではありません。植木職人とはいえ、植木を綺麗に切っているということしか知らなかったので色々な種類の木や花を知っているのでさすがだなと思ったりもします。体調を崩し、運動ができず太ってしまったのでウォーキングはいい運動です。

無理に長い距離を歩かず、自分のペースでウォーキングを続けていきたいと思います。まだ少ししか咲いていない桜が満開になるのが楽しみです。季節を感じながら、ウォーキングをして少しでも体型に変化があったら嬉しいです。