大相撲と応援している力士について

“ 今日は大相撲名古屋場所の千秋楽です。1敗を守る白鵬を2敗の碧山が追いかけている状態です。白鵬が今日勝てば、39回目の優勝となります。

また、場所中魁皇(現:浅香山親方)の1047勝の記録を超えて、勝利記録1位になりました。大相撲は力士達の土俵上での技が光ります。ぶつかっていったり、張っていったり、投げていったりするなどさまざまです。
相手を圧倒する取組みも面白いですが、平幕の力士が金星を取るような取組みも面白いです。
 
私が特に応援している力士は稀勢の里です。
同じの県の出身ということもあり、応援してきました。大関時代は上位の力士を破ることがあっても、なかなか優勝できなかったりして、惜しいところがありました。
しかし、今年の初場所で初優勝し、ついに横綱になることができました。しかし春場所の取組みでけがをして、出場が危ぶまれましたが、見事優勝しました。
その時の様子をテレビで見て、とてもうれしかったです。
 
ところが先場所と今場所、体の調子が良くないようで途中休場しました。春場所の取組みでのけがが影響しているようで、今場所の初日は黒星でした。その後も、稀勢の里の得意な左四つをあまり見なかったように思います。体の調子をしっかり整えて、来場所の取組みに期待したいと思います。そして、ぜひ優勝してもらいたいです。”