受験校決定までの葛藤

高校受験を控える中学3年の娘、先日担任と三社面談がありました。

願書の取り寄せと書類を書く関係上、その日が最終決定日でした。

当初志望していた高校は学区内でもトップクラスの学力の子が通う高校で、国立大学への進学を希望するならその学校がよいといわれる高校でした。

ところが私が実際にその高校に通っていたお子さんを持つ職場の人に学校の様子を聞くと、部活や体育で着替える時も着替えながら勉強しないといけないくらいついていくのが必死なのだそうです。

それを娘に話すと「たとえ合格できたとしても3年間ついていけないかもしれない」ということでレベルをひとつ下げて担任には書類作成をお願いしました。

ところが数日後、学校から帰ってきた娘が少し浮かない表情をしながらいいました。

「友だちに○○高校(トップレベルの高校)を諦めないでって言われたけど今から受験校変えてもいいんかな」といいました。

娘がちゃんとした目的と理由をもって受験して、たとえその高校を落ちたとしても第二志望の私立高校で楽しく3年間を過ごす意欲があるのであれば志望校を変えても問題ないと思っています。

ところが友だちに言われたから変えようかなというのは最終的に「ついていけないかもしれない」というで諦めた理由から考えると結果ついていけなくなるのではないか、友だちが落ちて娘だけ合格、その逆も考えられるけどそれでも友達に言われたからという理由で受けて後悔しないかと話をすると、三者面談で担任に提出した志望校で頑張ることにしたようです。

まだ試験の日まで時間がありますが受験生はギリギリまで葛藤しているようです。